社内ソーシャルをグループウェアだと考えるから失敗する

社内ソーシャルをグループウェアだと考えるから失敗する

photo by:chez_sugi

今年に入ってから社内ソーシャルへの注目度が上がって来ていますね。
社内ソーシャルを開発している各社も以前よりもセミナーに力を入れているようです。

ですが、各セミナーに行ってみても、決定的な成功事例がないのが現状ではないでしょうか?
社内ソーシャルというものが広まりを見せ始めたばかりで、各社は試行錯誤を繰り返していると言えます。

なぜ社内ソーシャルの導入がうまくいかないのでしょうか、デジタルバインズでは様々な要因があると考えていますが、 今回はその中でも大きな要因と考えるものをお伝え致します。

社内ソーシャルとグループウェアは別物

現在、社内ソーシャルを開発し販売している会社はグループウェアの開発会社であることがほとんどです。 そのため、グループウェアの1つの機能として社内ソーシャルを取り入れています。

デジタルバインズでは、この「グループウェアとしての社内ソーシャルの導入」が導入がうまくいかない大きな要因の1つだと考えています。
というのもグループウェアはメールやスケジュール管理、ファイルの共有など必要性の高い機能です。
つまり「利用する目的が明確」で誰もが利用することに納得している状態です。

それに対して社内ソーシャルは必要性がグループウェアほど高くない(必要だ!という価値を見いだせない)のが現状です。
まだ社員の方も社内ソーシャルの価値を実感していないので、「本当に必要なのか?使う意味があるのか?」と疑っている状態です。

もちろんグループウェアと社内ソーシャルの性質の違いもあります。

機能があるだけでは誰も使わない

社内ソーシャルの機能がグループウェアにおまけ的に付いているだけでは、使う理由はありませんので活性化することがないのも当然です。
使う理由がなければ、どんなモノも使われることはありません。

グループウェアが使われている理由と同じように
社内ソーシャルにも「使う理由」「使う価値」を持たせなければ、導入だけしても活性化することはありません。
特に導入時の「社員が価値を見いだせていない」状態の時には尚更です。

社内ソーシャルを「もともと利用理由のあるグループウェア」と同じモノとして考えてしまうことが、導入がうまくいかない要因ではないでしょうか?

The following two tabs change content below.

遠藤聡

株式会社ソーシャルメディア研究所にてWEBマスターを務めておりました。 デジタルバインズ株式会社では社内SNS運用研修「コンテンツ作成」を担当しております。