社内の手軽な報連相に使える社内SNS

メールを送るほどでもない、電話をするほどでもない時

メールを送るほどでもない、電話をするほどでもない時

報連相。大事です。
ですが報連相の内容の中には、重要度の高いものから低いものまでありますね。

重要度の低いものは、いちいちメールを送ったり、電話するほどでもない場合が多いかと思います。
そんな報連相の内容の重要度が低い場合に役に立つのが社内SNSです。

社内SNSで報連相が行われるようになると、重要度の高いフォーマルなものはメールで、他は社内SNSでと住み分けをすることが可能です。
そうなれば報連相も整理され混乱が減っていくようになります。

Facebookの投稿にコメントする感覚

Facebookの投稿にコメントする感覚

社内SNSはFacebookやTwitterで投稿をするのに近い感覚で利用することができます。
つまりインターネット上での雑談のように報連相をすることが可能です。

簡単に言ってしまえば「掲示板」や「チャット」のようなものですので、受け取る側は自分の好きな時間に返信することができますし、電話のように返答に受け手の時間を奪うこともありません。
他の作業をしながらでも対応することができます。

「いいね」機能があれば、各投稿への返信もクリック1つで済むこともあります。
また「いいね」機能は、誰が読んだかを確認をするためにも使えます。

会議中や商談中にも役に立つ

会議中や商談中にも役に立つ

ソーシャルメディアの強みである「情報の鮮度」(タイムリー性)も、報連相の役に立ちます。

営業先や出張先などでも連絡を簡単に取ることが出来ますし、
会議中に本社にいる担当者に確認を取ったり、相談することもできます。
(相手がログインしていればですが)

会議中に会議には参加していない人に「確認」「相談」ができるのは非常に便利です。

The following two tabs change content below.

遠藤聡

株式会社ソーシャルメディア研究所にてWEBマスターを務めておりました。 デジタルバインズ株式会社では社内SNS運用研修「コンテンツ作成」を担当しております。