社内SNS導入企業様へ

社内SNS導入企業様へ

社内ソーシャルが活性化していないとお悩みではございませんか?

社内ソーシャルに期待して導入をしてみたけれど、時間が経つに連れて投稿数も減ってしまっている。せっかく社員間のコミュニケーションが活発になると思って導入したが役に立っていない。

社内ソーシャルが活性化していない大きな要因として挙げられるのが「目的が曖昧になっている」という点です。 社内ソーシャルというツールありきで導入するのではなく、社員間の垣根を取ったコミュニケーションを促す。 社員間(個人の業務知識や業務経験)の新たな出会いによる新たな企画やアイデアの創出を促すことなど、目的が伴っていないと社内ソーシャルの成功は非常に難しくなります。

また、グループウェアのように「社内ソーシャルを導入しましたので、みなさん使ってください」とアプリを提供するだけでは、社員は困惑するだけで活性化することはありえません。

なにが出来るのか?(どんな使い方があるのか?) どういう目的で使ってほしいのか? なにをしてはダメなのか?

ガイドラインなどルールの提示や活性化のための施策、また促進役となる人材の配置などが必要です。これらがないと社内SNSに興味を持った社員(好奇心旺盛な人)が一時的に使うだけで、その人たちが飽きたら終わりとなってしまいます。

目的を明確にして、それに適した施策をもって運用をすることが成功につながります。 弊社では目的の明確化から促進の方法、投稿するコンテンツづくりなど社内ソーシャルに必要な要素を網羅した研修をご提供しております。

お問合せ

Copyright(c) 2013 株式会社デジタルバインズ All Rights Reserved.